FC2ブログ
ということを、実感せずにはいられない…毎日です。

そんな中でも監督としての日々も続いていきます。
『ワンポイント巡検』の授業ですが一応終了させました。
直近の目標は、それを全国地理教育学会HPに投稿、かな。
2013.10.04 巡検の授業
日々いろいろなことが起こる中ですが巡検の準備を始めました。
どんな学校でもやらなければならない授業がある、というのが隠されたテーマとなっております。

ただ、中学校地理分野の内容はほぼ完全に忘れられている中、どうやって
高校の地理らしさを出していけるか。学びなおしてさらに新しい学びも入れていきたいが
どうなるか。考えなきゃ。
http://www.jageoedu.jp/fromschool1.html

↑このためです。

今年は選手権地区予選と重なってしまい、11月の大会には参加できなくなりました。
その分勉強してきます。

札幌で、院生時代からお世話になっている文化人類学の先生にお会いしました。
今の自分がやらなければならないこと・自分のもつエネルギーの使い道…
わかっているつもりだったけど、あらためて再確認してきました。

2013.08.11 地域小説
北海道で今一番話題の作家といえば…
ホテルローヤルホテルローヤル
(2013/01/04)
桜木 紫乃

商品詳細を見る


桜木さんでしょう。

この作品を読みながら思い出したのは…
海炭市叙景 (小学館文庫)海炭市叙景 (小学館文庫)
(2010/10/06)
佐藤 泰志

商品詳細を見る


でした。

どちらも、「舞台となった地域」の空気を知っている人が書いている、ということがビシッと伝わってきます。

現実の北海道は、雪とか広い大地などでお茶を濁せないところです。
登場するのは欠点が目立ってしまう人たちばかりなのですが、その地域で根をはらざるを得ない人々の姿が見えます。
このような本は、頭の中で考えていることを様々な方向につないでいくために本当に助かります。

それに、時間が無いときに肩が凝らずに読めてとても楽しい。

科学史人物事典 - 150のエピソードが語る天才たち (中公新書)科学史人物事典 - 150のエピソードが語る天才たち (中公新書)
(2013/02/22)
小山 慶太

商品詳細を見る


世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ (中公新書)世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ (中公新書)
(2013/06/24)
本村 凌二

商品詳細を見る