FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.13 大河ドラマ
大河ドラマ『八重の桜』2回続けて観ています。個人的には2007年の『風林火山』ぶりの
快挙?だったりします。まだストーリーは、よくある幕末モノの雰囲気で進んで
いますが、今後は「大政奉還後の日本」・「政治家ではない人たちから見た明治維新」
に重点を置かれていくそうなので楽しみです。
また、よくある幕末…といっても佐久間象山のキャラクターが『風雲児たち』そのまま
で面白かったりもします。

また、新島襄という明治期のキリスト教関係者が主要人物になっているのも気になります。
明治期の北海道はキリスト教と深いつながりがあります。その場面なんかはちらっとでも
出てくるのでしょうか…?また新島襄以外のキリスト教関係者は出るのか??
というようなところも気になります。

北海道キリスト教史北海道キリスト教史
(2003/07)
福島 恒雄

商品詳細を見る



キリスト教関係者が大河ドラマに出てくるのは初めてでは…と書こうとしたら
これがあったことを思い出しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E9%95%B7_KING_OF_ZIPANGU
ロレンソがお坊さん達に石を投げられるシーンだけをなぜか強烈に覚えています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3daimegr555353.blog.fc2.com/tb.php/298-1eda5c10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。