FC2ブログ
今年は武道必修化の年だからか、例年の倍くらいの参加人数だったような。

場内外の見極め・技の効果の判定に加えて、指導者としての安全指導をいかに
行っていくか、というテーマに基づき貴重なお話を聞いてまいりました。

特に、普段の指導の中で「事故頻発系行動者」=「柔道の練習・試合中において
特別な配慮が必要な生徒」の話が印象的。柔道以外のあらゆる現場で
指導者側が共通して認識すべきことでは。

しかし、こちらの心がけを少しだけ変えれば防げたはずの事故もまだまだ
多いのがやりきれない。まだ、「強い奴は何をしても許される」理論
「女はいくらやっても男の下」理論が生きている現場なのだ。悔しいけど。
スポンサーサイト



 大量のカラーペンが手元にあるので、卒業式関係の話し合いにて
いろいろ書きながら意見を出させてみました。もちろん、勝手にほかの事を書き出す・
キャップを投げて遊ぶ…等の行為に対しては布石を打ちます(M山先生風)。
一人一本ペンを持つだけでもかなり雰囲気が変わりますね。
しかしまあ…いろいろまだまだですが。
夏に依頼された原稿でしたが、無事(?)提出いたしました。
まずは出せてよかった。
とにかく、できそうなことには何でも挑戦してみます。特に地理。