FC2ブログ
2013.08.11 地域小説
北海道で今一番話題の作家といえば…
ホテルローヤルホテルローヤル
(2013/01/04)
桜木 紫乃

商品詳細を見る


桜木さんでしょう。

この作品を読みながら思い出したのは…
海炭市叙景 (小学館文庫)海炭市叙景 (小学館文庫)
(2010/10/06)
佐藤 泰志

商品詳細を見る


でした。

どちらも、「舞台となった地域」の空気を知っている人が書いている、ということがビシッと伝わってきます。

現実の北海道は、雪とか広い大地などでお茶を濁せないところです。
登場するのは欠点が目立ってしまう人たちばかりなのですが、その地域で根をはらざるを得ない人々の姿が見えます。
スポンサーサイト



このような本は、頭の中で考えていることを様々な方向につないでいくために本当に助かります。

それに、時間が無いときに肩が凝らずに読めてとても楽しい。

科学史人物事典 - 150のエピソードが語る天才たち (中公新書)科学史人物事典 - 150のエピソードが語る天才たち (中公新書)
(2013/02/22)
小山 慶太

商品詳細を見る


世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ (中公新書)世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ (中公新書)
(2013/06/24)
本村 凌二

商品詳細を見る
今年の正月にテレビで偶然この映画を観まして↓
ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)
アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る


ジェイン・オースティンの代表作であるこの本を読みたくなり↓
高慢と偏見 上 (ちくま文庫 お 42-1)高慢と偏見 上 (ちくま文庫 お 42-1)
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る


移動中などの時間を利用して少しずつ読んでいました。
最初は、登場人物が多すぎて混乱したり、会話を追うのが大変だったり
したのですが…。

面白いですね、この本。

派手な出来事が起こるわけではないのですが登場人物の行動に
うなずいたり、つっこみを入れたりしているうちに読み終わってしまいました。
今の世の中にいそうな人ばかりで、今からちょうど200年前に書かれた本なのに
古臭さを感じられません。

これを機会にヨーロッパの女流作家の古典文学をもっと読んでみたいと
思いました。まあ、まずは直近の資料として使えそうな本を読むのが先に
なりますけど。
2013.01.14 大河ドラマ2
個人的には、大塩平八郎とその周辺の時代の人々をドラマ化してほしいです。
蘭学者や探検家や芸術家なども登場させて群像劇風な…。
そうなると原作は『風雲児たち』でしょうか。実現しないかなぁ。

その風雲児たちですが、ついにあの事件が起こりました。

風雲児たち 幕末編 21 (SPコミックス)風雲児たち 幕末編 21 (SPコミックス)
(2012/11/29)
みなもと 太郎

商品詳細を見る


この事件、教科書や辞典などでは何となくわかりにくい点があります。
読み進めるとそういった点が全てつながっていきます。

しかし、今回はギャグ要素は抑え目。(当たり前か。)
2012.11.10 明るい場所
石炭について情報を集めている中で見つかった本。
空知の産炭地のリアルな状況を知ることができます。
「人が住んでいるかぎり地域に終わりはない」ということにも気づかされます。

明るい炭鉱明るい炭鉱
(2012/08/08)
吉岡 宏高

商品詳細を見る